しろくまエンヂニアリング

http://shirokumaeng.blog28.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の脱皮^^

今のところ私とビミョ~な距離感を保っているリップ君ですが、久々に脱皮して「あぁ…少しずつは大きくなってるんだなぁ」と安心しました^^



ルディス母さんは植物モサモサのケージで飼っていますが、時間になるとちゃんとエサ箱が置かれる所まで降りてきて待っています^^脱皮不全気味でまだところどころ残ってますが、この子に関しては手を出さないことにしてます。
早く外に出してあげたいなぁ~^^
P1000585.jpg

目がかなり怖いことになってますが『セルフィンがエンドリを舐める図』です(笑)
画像でわかりにくいですが、30センチオーバーのセルフィンです。
P1000588.jpg
この子はコケ掃除にもうそれは凄~く役に立つんですが、難点はコレなんですね~…。
メイン水槽は1週間に2回しかエサをやらないので腹が減るんでしょうけど、エンドリはかなり嫌がってます(笑)
でももう自分でコケ掃除なんてしたくないので外すわけにはいかないしなぁ…
スポンサーサイト

もう14日過ぎちゃったけどあけまして…(笑)

早いもので22年もあっという間に2週間経っちゃいました(;^_^A アセアセ・・・

みんなそれなりに順調で何も変わらない毎日を送っています^^
…と思っていたら、年末何かと記事にさせて貰ったカラープロキロが~~~


もう1方の目も食べられちゃいました(T_T)
P1000573.jpg

P1000572.jpg

最初はただのアクシデントだと思っていましたが、明らかに狙われてたんですね~

もう混泳は不可能なので90×45cm水槽へ避難させて単独飼いにしましたが、意外にエサ食べるし!!
浮いていたり落ちてくるエサを食べるタイプの魚ではなく、底をなめるようにして食べる魚なのが幸いしたようです。
ほんとゴメンよぉ~


P1000571.jpg

ミリーちゃん達は夜行性ヤモリなので昼間はシェルターに隠れているはず?ですが、育ってきた環境に左右されるのか後入りの3匹は明るくても外に出てきます^^
たぶんシェルターを与えられずに育ってきたんでしょうね~。

最初のミリーちゃんはその辺きっちりと夜行性してるんですけど(笑)
消灯後ごそごそとシェルターから出てきて、前面ガラスのところでエサを待っている姿が何とも言えずカワイイです^^
そのうちブリ出来るといいなぁ~

今年を振り返って…

大掃除も終わってやっと年賀状を書き始めたところです(;^_^A アセアセ・・・

今年はムシから爬虫類へと興味が大きく変化した年でした。
ムシの飼育撤退(ほぼ)は、管理能力を超えた数を抱えたことによって世話が億劫になってしまったことや、ムシ部屋を没収されたことによるテンションの↓が大きな原因でした。
今もサカナ・爬虫類部屋で細々と飼い続けていますが、温度や湿度をカメレオンに合わせていますしなにより狭い(汗)
でも好きな気持ちは変わってませんし、ビビッと来る種が入ってくれば来年はいきますよ~^^

サカナは新規導入なしでしたが、来年はグッピーをちょっとだけ(1~2種)やろうかなと思ってます。
グッピーは誰にでも簡単に飼える魚ですが、子をキッチリと育てて選別維持していこうすると意外と手間がかかるサカナなんですよね~。

爬虫類に関しては、カメレオンを正直増やしすぎたかな?と思います。
ケージが大きければ大きい程ストレスを与えずに飼えると分かってはいたんですが、増種しすぎて1匹1匹が飼育出来るギリギリサイズのケージしか与えられずなんとか維持しているだけの気がします。
来年は少し余裕を持って飼育したいです~(笑)


それではみなさん良いお年を♪

画像 201




アンダーウッディ増員♪

1匹目を買ってスグに相方探しを始めてたんですが、最近やっと見つけました、、、しかも3匹^^
ミリーちゃんが♂だったので、2ペアになるよう1♂2♀♪
1111 002
あいかわらずカワイイですなぁ~♪

この手のヤモリはプラケで充分飼えるのでスペースの心配もさほどありませんし
紫外線灯なんかもいらないのでかなりお手軽です。

1111 004

でもプラケはちょっと味気ナイなぁ~ということで、隙間飼育用ラック?に小さいガラスケージを用意してみました。
下の1ヶはセットだけ、さらにあと2ヶはいけそうな感じ^^
んん~何入れようかな( ̄ー ̄)ニヤリ

あらら…片目が…パート2

前回紹介した鳳凰ことカラープロキロダスですが、その後何者かに咥えられちゃったんでしょうか?
片目が無くなってしまいました…。

ウチの水槽はベアタンク飼育といって底に何も入れないスタイルなので流木もありませんし、齧って食べるタイプの魚も居ないので犯人(魚)はアロワナ?はたまたエンドリか??ってとこだと思われます。

しかし意外と本人は平気?なようで、餌もパクパク食べています。
後の問題は菌に冒されてしまうかどうかですが、とりあえず何もしないで経過を見ることにします。

しかし目だけ食べられちゃうとはちょっと驚きです。
11 004


こちらはアルタムですが、ヒレ長20cmを超えてきた個体も何匹か見られます^^
スカラレと違って上下にピンと伸びるヒレがとてもカッコいいっす♪
この魚の繁殖を難しくしている問題点を色々考えてはいますが、まだまだ妄想に過ぎないのでそれで終わらないように頑張りマス(笑)
11 002

11 003
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。